2018/02/06「2013年 渡英の記録」公開

まるでテーマパークのような賑わい! 阪急百貨店『英国フェア2016』に行ってきた。

秋といえば、ロンドン。 冬といえば、ロンドン! タータンチェックやトレンチコート、あったかいミルクティーやスコーンなど、ロンドンが恋しい季節が今年もやってきました。みなさんこんにちは、Mizです! そんなロンドンへの思いが募る今日この頃、年に一度の恒例行事「阪急英国フェア2016」に、今年も行ってまいりました♪ リンク: 英国フェア2016 – 阪急百貨店 Sinとふわっと待ち合わせして向かおうとしたんですが、広い阪急百貨店に溢れかえる人々の中、お互いがどこにいるのかわからない。 「受付の別嬪さん」て。わかるかー(笑)! ロミオとジュリエットばりのすれ違いを続けた後、ようやく合流できました。みなさん、待ち合わせ場所はしっかり決めておきましょう。

今年のテーマは「ハート・オブ・イングランド」。ウェールズ地方や北アイルランドからの出店がたくさん♡

阪急百貨店9階の吹き抜けが気持ちいいオープンなエリアに、ところ狭しと肩を並べる英国ショップたち。中には、イギリスの田舎町の一軒家を模したこんなオブジェも。 英国フェア2016 英国フェア2016 部屋の中もちゃんと再現されててカワイイ!USJみたいで楽しかったなー。ぶらぶら歩いてたら、チーズ売りの屋台発見!チーズ大好きなMizは吸い寄せられるように売り場へ。 英国フェア2016 こちらは、ウェールズのスノードニアチーズカンパニーさん。最初に黒いパッケージのものを試食させていただいたんですが、濃厚を通り越して、なんか強い!ベリーストロングなお味!!次にピンクのパッケージ、クランベリーの入ったチーズを。とってもフルーティで、甘い×しょっぱいの最高のコンビネーションでした。 英国フェア2016 優しい店員さんからスマイルいただきました♪ チーズを食べたあとはビールが欲しくなります。欲望の赴くままにビール屋さんへ。 British Beerの出店 生ビールとアップルサイダー Sinはウェーリッシュ・ゴールド・エール、私はアップルサイダー。サイダーと名前がついていますが、お酒です。こう見えてSinのエールよりアルコール度数高めです。お酒の弱い人(はい、私のことです)は注意!アップルサイダーには、スッキリした味わいのドライタイプと、よりフルーティな甘さが楽しめるスイートタイプがありました。今回私はスイートタイプをチョイス。 生ビールとアップルサイダー 広場にあるスタンドに座って、乾杯!昼間からお酒を飲むのも英国スタイル♪ エールは樽生で、アルコール度数低めでとっても飲みやすい。アップルサイダーは結構独特な味わい。私は「スモーキーな味がする」と表現したんですが、Sin曰く「ラム肉や。ラムの香りがする!」とのこと(※あくまで個人の感想です)。「その昔、牛の生肉をビール樽に漬け込んで隠し味にしてたという話があってな……」と、ビールのうんちくを語り始めるSinでした。 さて、会場を回りますよ。 こちらがウェールズコーナー! 英国フェア2016ウェールズコーナー プロポーズのときに男性から女性に渡されるという、木彫りの「ラブスプーン」が! 初めて本物を見ましたが結構デカイ。 人間用では無いですね……。 熊サイズ? 「あなたを一生食べさせていきます」という意味もこめられているということで、とってもロマンチックなんですが、これ、プロポーズの日はその時までカバンに入れておくのかな。邪魔じゃないのかな(笑)。そして、おもむろにカバンから取り出すのかな(笑)。想像するとなんとも微笑ましい(笑)。 職人さんによる、ラブスプーンの実演販売もありました。ここで購入すると、名前も彫ってくれるそうです。 ウェールズの国旗に使われているドラゴンのイラストを用いたグッズもたくさんありましたよ。このドラゴン、なんか好き。 その他にも、紳士の必須アイテム・ネクタイや 英国フェア2016ネクタイ Sin「チェックかわいいなー」 英国フェア2016ネクタイ Sin「でも、私が買うならこっちかなー」 ブランケットや食器やアクセサリーなど、盛りだくさんでした。広場は天井が高く開放感があったので、比較的ゆったり見て回れました。

突入!催事会場!

さて、催事会場へ突入です。わかっちゃいたけど、すごい人!!! 出店ブースがところ狭しと立ち並び、お客さんたちで溢れかえっておりました。毎年意気込むものの諦める「フィッシュ&チップス」は、すごい行列に恐れをなして、今年もやっぱりお預け(笑)。 ということで、気になったところをご紹介していきましょう。 英国フェア2016ウェルシュケーキ職人 イケメン職人さんが手作りしていた、ウェルシュ・ケーキのお店! ウェールズの伝統的なお菓子です。いい香りが漂ってました♪ スコーンとどう違うのかな、食べてみたいなあ。(行列により断念…) 英国フェア2016ロブスターロール 英国フェア2016ロブスターロール ウェールズは「ザ・ペンブルックシャービーチフード」のジョナサン・ウィリアムさんが腕をふるっていた、ロブスターロールのお店。大量のロブスターたちがパンに挟まれてました(笑)。ダイナミック!!! 英国フェア2016ジャム売り場 紅茶とスコーンのお供に。ジャムたくさん♪ 英国フェア2016女王コーナー 女王グッズも充実! 英国フェア2016クラフトビール 私たちの愛する、スコットランド発のクラフトブルワリー「Brewdog」さんのビール発見。 英国フェア2016カラフルな紅茶 紅茶はそれはもうたくさんのブランドとたくさんの種類がありましたが、こちらはカラフルなパッケージに思わず目を惹かれました。 英国フェア2016リップバーム 全身に使える、オーガニックなリップバーム。華やかなリバティプリントパッケージ!

さて、戦利品は?

会場をぐるぐる歩き回って約1時間。あれもこれも欲しいものばかりでしたが、結局Mizが購入したのは…… 英国フェア2016、Harrodsのトートバッグ タラーン! Harrodsのキャンパス地トートバッグ(6,800円/税別)でございます。 英国フェア2016、Harrodsのトートバッグ 中はピンクの裏地とポケットがついててナイス!いい買い物したわ〜、と、ご機嫌だったんですが……… 英国フェア2016、Harrodsのトートバッグ OMG! 帰宅してから、サイドの縫い目がほつれているのを発見。な、なんてこったい! というわけで、交換してもらうために、もう一度英国フェアに行ってきます……。その場で確認しなきゃダメですね。反省。 Podcast(音声ブログ)で英国フェアの様子をレポートしています。よかったら聴いてみてください。 以上、もう一回英国フェアに行くことになってしまい、せっかく抑えた物欲が復活しさらに買い物を増やしてしまいそうなMizがお届けしました。では、またお会いしましょう。シーユー!

続きはこちら。