妄想ロンドン会議

今すぐにでもロンドンに飛び立ちたいふたりが、現実には行けない今週のロンドン旅行プランを妄想するWEBサイトです。

第110回:海外旅行で本当に役立つ英会話って?全く英語が話せない人のためのワンポイントアドバイス【超初級編】

2か月前の投稿
By
こちらは、今すぐにでもロンドンに飛び立ちたいMiz & SinによるPodcast「妄想ロンドン会議」です。ある時は激しく、ある時はゆるく語られる、さすらいの女子二人組による英国エンタメ&旅にまつわる本音トークを音声でお楽しみください。(音声プレーヤーの再生ボタンをクリックしてお聴きください)
第110回:海外旅行で本当に役立つ英会話って?全く英語が話せない人のためのワンポイントアドバイス【超初級編】

※この記事は音声ブログです。音声プレイヤーの再生ボタンをクリックしてお聴きいただくか、iTunesチャンネルからもお聴きいただけます。

あとがき by Miz

昨日は、早朝にロンドンの世界陸上400mリレーをテレビ観戦し、その後甲子園球場に移動し香川代表三本松高校を応援し、夜はブリティッシュガストロパブでサンデーローストを食べました。どうも、ジャパンとUKの夏を満喫しまくりのMizです。皆様はこの夏をいかがお過ごしでしょうか?

さて、今日のPodcastのテーマは、先日行った妄想ロンドン旅マップを作るワークショップで出会った「来月渡英するんです!でも英語が話せないんです…」と目をキラキラ輝かせながらも不安そうな、初めての一人旅に胸膨らませていた「ゆっこちゃん」がきっかけとなって生まれました。

何を隠そう(隠してない)、私・Mizは2012年に初めて友人と訪れたNYで全く英語で意思疎通ができず、惨敗でした。Podcast中でも話していますが、サンドイッチ一つも注文できない、屋台で頼んだケバブは一つ多く作られてしまうし、ハードロックカフェでは満席で順番待ちになるから名前を教えてと言われたのに伝えることもできず、本1冊もまともに購入できないトホホな状態。

SDIM1673
↑JFK空港到着後に乗車したタクシー車中にて。ホテルの名前が通じなかったのでプリントしてあったバウチャーを見せました。空港から出ている公式タクシーの乗車料金は固定金額。事前に料金を確認し、乗車中に料金+チップを必死に握りしめていた私。もちろん、「Hey guys, where are you from?」「Japan!」的な小粋なトークはゼロでした(笑)。

そもそも自分の英語力に不安しか無かったから、旅行会社を通して飛行機とホテルを手配しましたし、ホテルは日系ホテルをチョイス。フロントでは日本語の通じる方がちゃんといらっしゃるという、「何があっても大丈夫だぜ!」という、備え万全の状態でした。

結果、英語が話せなくても問題ありませんでした。でも、現地の人と、店員さんとすらコミュニケーションを取れずに終わってしまい、私の初のNY旅行は不完全燃焼で終わってしまったのでした。

ただ英語が話したかったわけじゃない。体験したかったのは、現地の人とのコミュニケーション

私のNY旅行が不完全燃焼に終わってしまったのは、ただ「英語が話せなかったから」という理由では無かったんですね。英語が話せなかった=相手が何を言っているのかわからなかった、つまり、「現地の人とコミュニケーションできなかった」というのが一番のガッカリポイントでした。

その後、私の英語熱は加熱し、翌年からの英国旅行でほんの少しずつですが現地の人と意思疎通をできるようになっていったのです。

海外旅行中、最もコミュニケーションが生まれるシチュエーションって?

ここで問題です!

海外旅行中、現地の人と最もコミュニケーションが生まれるシチュエーションって何だと思いますか?

それは、

そう、「お店で物を購入する時」です。

「お店で買い物する時の会話なんて、コミュニケーションと言えないよ!」とおっしゃる方がいらっしゃるかもしれません。でも私は2012年のNY旅行でお店ですら意思疎通ができなかったのです。ましてや、見知らぬ土地で道行く人やカフェで出会った人と気軽におしゃべり、なんて、日本ですらなかなか遭遇しないシチュエーション、そんなことは海外旅行初心者の私には到底無理な話でした。

IMG 1844

「すみません、これください」

「はい、こちらですね。〇〇円です」

「カードでお願いします」

「あ、あとこれも追加で」

「はい、小分けの袋はいりますか?」

「うーん、いいえ、いいです。あ、あと、店内の写真を撮ってもいいですか?」

「どうぞ」

「ありがとう」

これは、前回の渡英で訪れたPRESTAT(プレスタ)というチョコレートやさんで交わした会話の一部です。なんでもなさ過ぎて「これのどこがコミュニケーションやねん!」とお叱りを受けそうな気もしますが、これこそ英会話コミュニケーションへの小さくて大きな第一歩! 初めてのNYで一言も言葉が出てこなかった私からしたら大きな進歩です。

これだけは覚えて行って! “Could I have/get〜?”

というわけで、私が皆さんに「これだけは覚えて行って欲しい」と思うフレーズが “Could I have/get〜?”です。これは、「〜をいただけますか?」という言葉。

この「〜をいただけますか?」という言い回し、英語にも敬語の概念はしっかりあって、以下の3パターンの言い回しがあります。

 丁寧レベル 1)Can I have/get 〜?

 丁寧レベル 2)Could I have/get 〜?

 丁寧レベル 3)May I have/get 〜?

haveとgetはどちらを使っていただいても大丈夫。だいたい同じ意味合いです。私は丁寧レベル2の “Could I” を用いた “Could I get 〜?” という言い回しを特に好んで使っています。理由は「言いやすいから」。

えっ、そんな理由でいいの?

いいんです!

カタカナで発音で表すと「クッダイゲッ〜?」という感じです。(伝わりにくい表現でスミマセン)

学校でも習うそうですし、本当に基本の基本のフレーズかと思います。皆さんもよく耳にされたことがあると思います。でもね、学校英語をおろそかにしていた私は全く知りませんでした、ええ。だから今ここで「そんなの習ってたっけ……? 全然覚えていないや」って方も、全く焦る必要も落ち込む必要もありません。 だって今知ることが出来たんですから。大丈夫!

 Could I get coffee?(コーヒーをいただけますか?)

 Could I get a blanket?(ブランケットをいただけますか?)

もちろん、サンドイッチを幾つかチョイスしてレジに持って行って

 Could I get these takeaway please?(これ、持ち帰りでお願いします)

なんていうアレンジも可。これは、レジで目の前に並んでいたお姉さんが実際に話していた言葉。現地で聞いて知って、自分も言ってみて通じた時の喜びったらなかったです。

無言でレジに持って行ってももちろん対応してもらえますが、一言添えてそれが通じるのが楽しいんです! この小さな積み重ねが、私にコミュニケーションの喜びを与えてくれました。

動詞を変えてモノを貸し借り! “Could I use〜?”

have/getの部分を変えれば、モノの貸し借りだって出来ちゃいます。

 Could I use the bathroom?(トイレをお借りできますか?)

コンビニや駅に誰でも使えるキレイなトイレがある日本と違って、入ったお店でトイレを借りなきゃいけないシチュエーションに度々遭遇することになります。

 Could I borrow your pen?(あなたのペンを貸してもらえませんか?)

お芝居を見た後、ステージドアからお目当ての俳優さんが出てきた。パンフレットにサインを貰おう! ハッ! でもペンが無い! ……という、焦った少女から実際に言われた言葉です。私のペンが彼女の役に立った瞬間でした。

魔法のフレーズ “May I〜?”

さらに、この “May I〜?” は、目的語が無くても “May I?” だけで立派なコミュニケーションフレーズになるんです!

例えば、

 お店での会計時にクレジットカードを取り出して “May I?”(クレジットカードで支払っていいですか?)

 バスで空いた席を指さしてその隣に座っている人に “May I?”(隣に座ってもいいですか?)

 タバコを取り出して “May I?”(タバコを吸ってもいいですか?)

“May I?” + ボディランゲージ + 表情 で気持ちが伝わる、魔法の言葉です。騙されたと思って使ってみてください。これ、凄いです。マジ伝わる。

もちろん、挨拶の言葉もお忘れなく

これらのフレーズの前後に忘れてはならないのが、挨拶の言葉。

話しかける際に “Hi” “Hello” “Excuse me” を。

終わった後に “Thank you” “Thanks” をお忘れなく!

「これだけじゃ物足りない」というあなたに、オススメの英国英語本を紹介

いかがだったでしょうか。本当に簡単すぎるフレーズですが、一つ伝われば自信がついて「あれも言ってみよう」「これも試してみよう」という気持ちになれます。ここから少しづつ語彙を増やして、コミュ二ケーションの幅を広げてくださいね!

そして、「これだけじゃ物足りない」というあなたに、ぜひオススメしたい英国英語本があります。

4週間集中ジム 発音も学べる イギリス英語リスニング
米山明日香 Catherine Dickson
アスク
売り上げランキング: 79,157

本書は、リアルな会話のリスニングと発音が1冊で学べる教材です。
多様なイギリス英語が含まれる会話を聞き取った後、米山明日香先生が
発音の注意点をわかりやすく解説する「ポイントレッスン」に進みます。
英米の発音の違い、日本人が間違えやすい発音、イギリス英語のなかでも
カジュアルな発音、子音の発音のコツなどを、単語や例文の発音練習を
とおして学べます。
リアルな場面設定の会話は、ロンドン在住のCatherine Dicksonさんに
執筆協力いただきました。
イギリス文化やイギリス英語が好きな人は
もちろんのこと、TOEICのイギリス英語が聞き取りづらいと感じられる人、
IELTSに挑戦したい人にもおすすめです。

出典: Amazon商品紹介ページより

この本、ヒースロー空港の税関から始まって、英国旅行におけるリアルなシチュエーションを疑似体験しながら進みます。イギリスでしか役立たない単語もたくさんあって、つまりそこが最高(笑)! まさに楽しみながらイギリス英語を学べる一冊です。

以上、次の渡英に向けて英語力アップを図り中のMizでした。またお会いしましょう、シーユー!

※この記事は音声ブログです。音声プレイヤーの再生ボタンをクリックしてお聴きいただくか、iTunesチャンネルからもお聴きいただけます。

Push7で更新情報を受け取る

人気記事ベスト10

Profile image
普段はジャパン演劇界の片隅で公演やイベントをプロデュースしたり、デザインしたり、パンを捏ねたり、色々手がける何でも屋さん。小さな頃から洋画が大好きで、ジャニーズアイドルには見向きもせずハリウッドスターを追いかける少女時代を送り、今に至る。『ロード・オブ・ザ・リング』が好き過ぎてNZを訪問したことをきっかけにロケ地巡りに目覚め、『SHERLOCK』のロケ地ロンドンを訪れて以来、英国の虜となる。今注目の俳優は、ヒュー・ジャックマン/ジェイク・ジレンホール/ジャック・ダヴェンポート/コリン・ファース/ベネディクト・カンバーバッチ/タロン・エジャトンなど。ただ今、ロンドンとの心理的距離を縮めるべく英会話を猛勉強中。
Profile image
「ハリウッド、なにそれおいしいの?」が合言葉で、ほんの数年前までは知ってる海外俳優はゲイリー・オールドマンとロバート・ダウニー・Jrだけと言ってもいいほど洋画に興味が無かったけれど、友人に誘われうっかり参加したNY旅行をきっかけに洋画沼にハマる。そうこうしているうちにロンドンの魅力に取り憑かれ、足掛け2年で近所のTSUTAYAの英映画ラインナップを制覇。今やAmazon.UKから次々と新作を輸入し楽しむ日々を送っている。今注目の俳優・監督は、ショーン・ハリス/エディ・マーサン/ロリー・キニア/ジュリアン・リンド=タット/トーマス・アルフレッドソン。ロンドン活動に勤しむ一方で、舞台女優の顔も持つ、マイペースで奔放な自由人。