妄想ロンドン会議

今すぐにでもロンドンに飛び立ちたいふたりが、現実には行けない今週のロンドン旅行プランを妄想するWEBサイトです。

第108回:【後編】23名の仲間たちと、妄想でロンドン旅マップを作ったよ!DOORSワークショップレポ【ゲスト:TAGAWA NORICO & 永尾有樹子さん】

2週間前の投稿
By
こちらは、今すぐにでもロンドンに飛び立ちたいMiz & SinによるPodcast「妄想ロンドン会議」です。ある時は激しく、ある時はゆるく語られる、さすらいの女子二人組による英国エンタメ&旅にまつわる本音トークを音声でお楽しみください。(音声プレーヤーの再生ボタンをクリックしてお聴きください)
第108回:【後編】23名の仲間たちと、妄想でロンドン旅マップを作ったよ!DOORSワークショップレポ【ゲスト:TAGAWA NORICO & 永尾有樹子さん】

※この記事は音声ブログです。音声プレイヤーの再生ボタンをクリックしてお聴きいただくか、iTunesチャンネルからもお聴きいただけます。

あとがき by Sin

楽しい時間は一瞬だけど、その記憶は一生残る!

どうも。柄にもなく超ポジティブなSinです!

ただただロンドンが好き。その思いだけでお送りしてきた妄想ロンドン会議の、初の公式行事!

いつもは全てを二人だけで完結している究極自家発電マシンこと私たちではございますが、今回はなんと、ご参加の23名を巻き込んでの大妄想大会。私たち2人含め初対面の大人たちが90分の修行のような時間を無事に過ごすことが出来るのか!


はい、出来ました。いや、出来たと思います。少なくとも私Sinにとっては、非常にスペシャルでエキサイティングな時間でした。とても積極的に楽しもうとしてくださった参加者の皆さまと出会えたことが、この素晴らしい時間の最大の収穫だったと思っています。

いえね、端から意味が分かりにくいワークショップだったと思うんです。ただ集まって、架空の旅行日程を決めるだなんて。125(!)もの楽しくてためになりそうな講座がある中で、私たちのコースをよくぞ選んでくださったものです。だって、この案内文ですよ?

ロンドン旅行歴5年の講師が、旅行会社に頼らずに、地図とフセンを使って自分だけの旅プランを作る方法を教えます。ガイドブックに載っていないオススメスポットや旅の失敗談、旅に役立つ英会話も伝授します。
ワークショップフェスティバルDOORS #11 HPより

……今だからこっそり告白します。「この案内文を見て応募してくださったんだもの、愉快で楽しい方たちに違いない!」 前日の夜、呪文のようにこう唱えながら自分を鼓舞していました。だって、これは私たちにとっても初めての体験。自分たちだけで妄想ロンドンしているのとはやはり勝手が違います。

地図を用意して、行きたいところにマーキングして、1泊2日のロンドン旅行のコースを決める。やりたいことは、ただこれだけ。さて、これで90分って、めっちゃ時間余るんちゃう?! なんか、なんかネタ仕込まんと!(関西人ですみません。)

まずは日程。クリスマスや女王陛下の公式誕生日、ガイフォークスディなどの、ロンドンで何かしらイベントが行われている日。もし興味がある方がいらっしゃれば、活用していただければ、と。実際に行こうと思えば宿や料金など諸問題もあるでしょうが、ここは妄想上のロンドン。どうせなら楽しい日に行かないと!

そして、脱出ゲームが大好きな私たちは、ちょっとした指令を出してみることに。私たちなりのプチロンドンガイドにヒントを忍ばせ、『飛べないカラスのいる塔へ行け』とか、『お墓の上でランチを』なんていうミッションをお配りしました。『世界で最も有名な秘密結社の本部に潜入せよ』とか『ホグワーツへと続く秘密の入り口を探せ』なんて無茶振りもご用意してみたりして。こちらも、もし行きたい場所があまりなかったり、時間が余ってしまった時に使ってもらおうと思ったのですが。

結果、そんな心配は杞憂に終わりました。1グループ3〜4人×6チーム、それぞれにとても活発に熱く話し合ってくださっていて、話し合いの40分が全然足りない! ミッションもちゃんとこなそうと日程がどんどん駆け足になっていくグループもいらして、いや、どうにも申し訳なかったです……。

終わってみると、本当に夢のような90分。明日にもすぐに実行できそうなリアルなコースを考えてくださったグループから、ロンドン中を飛び回って絶対ヘトヘトになりそうなアクティブなチームまで。私たちを含めて25人が、ロンドンのことだけをお喋りできる時間があんなに楽しいものだとは!

ただ、90分じゃ全然足りない……。どうせロンドンを妄想するならお茶の時間も必須だし、雑談の時間も絶対欲しい。映画も本も、語り足りないことしかないんです。

Mizと二人の帰り道、出てくる話は次の妄想ロンドン会のことばかり。あんなこともこんなこともやりたいし、今回出会えた仲間たちや、まだ出会えていない方々にどうすればまたお会い出来るのか。

こんな楽しい時間を経験させてくれたロンドンに感謝しつつ、次の野望に燃えるSinでした。必ずまた、お会い出来ることを祈りつつ。妄想ロンドンで皆さまをお待ちしております!

※この記事は音声ブログです。音声プレイヤーの再生ボタンをクリックしてお聴きいただくか、iTunesチャンネルからもお聴きいただけます。

Push7で更新情報を受け取る

人気記事ベスト10

Profile image
普段はジャパン演劇界の片隅で公演やイベントをプロデュースしたり、デザインしたり、パンを捏ねたり、色々手がける何でも屋さん。小さな頃から洋画が大好きで、ジャニーズアイドルには見向きもせずハリウッドスターを追いかける少女時代を送り、今に至る。『ロード・オブ・ザ・リング』が好き過ぎてNZを訪問したことをきっかけにロケ地巡りに目覚め、『SHERLOCK』のロケ地ロンドンを訪れて以来、英国の虜となる。今注目の俳優は、ヒュー・ジャックマン/ジェイク・ジレンホール/ジャック・ダヴェンポート/コリン・ファース/ベネディクト・カンバーバッチ/タロン・エジャトンなど。ただ今、ロンドンとの心理的距離を縮めるべく英会話を猛勉強中。
Profile image
「ハリウッド、なにそれおいしいの?」が合言葉で、ほんの数年前までは知ってる海外俳優はゲイリー・オールドマンとロバート・ダウニー・Jrだけと言ってもいいほど洋画に興味が無かったけれど、友人に誘われうっかり参加したNY旅行をきっかけに洋画沼にハマる。そうこうしているうちにロンドンの魅力に取り憑かれ、足掛け2年で近所のTSUTAYAの英映画ラインナップを制覇。今やAmazon.UKから次々と新作を輸入し楽しむ日々を送っている。今注目の俳優・監督は、ショーン・ハリス/エディ・マーサン/ロリー・キニア/ジュリアン・リンド=タット/トーマス・アルフレッドソン。ロンドン活動に勤しむ一方で、舞台女優の顔も持つ、マイペースで奔放な自由人。