妄想ロンドン会議

今すぐにでもロンドンに飛び立ちたいふたりが、現実には行けない今週のロンドン旅行プランを妄想するWEBサイトです。

第106回:英国SKYTRAX社プレゼンツ「エアライン・オブ・ザ・イヤー2017」決定!ロンドン旅にベストな航空会社はどこだ!?

3週間前の投稿
By
こちらは、今すぐにでもロンドンに飛び立ちたいMiz & SinによるPodcast「妄想ロンドン会議」です。ある時は激しく、ある時はゆるく語られる、さすらいの女子二人組による英国エンタメ&旅にまつわる本音トークを音声でお楽しみください。(音声プレーヤーの再生ボタンをクリックしてお聴きください)
第106回:英国SKYTRAX社プレゼンツ「エアライン・オブ・ザ・イヤー2017」決定!ロンドン旅にベストな航空会社はどこだ!?

※この記事は音声ブログです。音声プレイヤーの再生ボタンをクリックしてお聴きいただくか、iTunesチャンネルからもお聴きいただけます。

あとがき by Miz

みなさんこんにちは、乗り物大好きMizでございます。

今回のPodcastエピソードはいかがだったでしょうか?

「まだ聞いてないよ〜!」という方は、きっと記事上部分にある音声プレイヤーを聞いていただいてからこの「あとがき」部分を読んでいただくと、より楽しんでいただけるのではないかと思います。良かったら聴いてみてくださいね!

「2017年ワールド・ベストエアライン トップ20」をチェック!

さて、英国SKYTRAX社による「エアライン・オブ・ザ・イヤー2017」が今年も発表されたとのことですが、早速20位までのランキングを見てみましょう。

【2017年ワールド・ベストエアライン トップ20】
1位:カタール航空/前年2位
2位:シンガポール航空/同3位
3位:全日空(ANA)/同5位
4位:エミレーツ航空/同1位
5位:キャセイパシフィック航空/同4位
6位:エバー航空/同8位
7位:ルフトハンザ航空/同10位
8位:エティハド航空/同6位
9位:海南航空/同12位
10位:ガルーダ・インドネシア航空/同11 位
11位:タイ国際航空/同13位
12位:ターキッシュエアラインズ(トルコ航空)/同7位
13位:バージンオーストラリア/同18位
14位:スイスインターナショナルエアラインズ/同15位
15位:カンタス航空/同9位
16位:日本航空(JAL)/同21位
17位:オーストリア航空/同19位
18位:エールフランス航空/同14位
19位:ニュージーランド航空/同17位
20位:アシアナ航空/同16位
出典:トラベルボイス

上記は、「ベストキャビンスタッフ」「ベストファーストクラス」「ベストプレミアムエコノミークラス」「ベストエコノミークラス」「ベストLCC」など、全部門を合わせたランキングです(このランキング、細かく分かれていて素晴らしいですね!)。我らが全日空が3位に入っているの、かなり嬉しくないですか?これまでに乗ったことがあるエミレーツ航空(▶︎搭乗記はコチラ)ターキッシュエアラインズ(▶︎搭乗記はコチラ)、キャセイパシフィック航空が入っているのも興味深いと感じたのですが、大阪ーロンドン線だけに関して言えば、実際に私たちが感じた、私たちなりのランキングとはやはり異なりますね。

<関連ポスト>
▶︎リアルロンドン会議2017・帰国編:飛行機のことが未だに信用できない件/関空〜ロンドン便・乗ってよかった飛行機会社ランキング/飛行機のベストな座席位置は?

これまで私たちが乗った飛行機は全てエコノミークラスでした。ファーストもビジネスも無縁の私たちにとっては、こう言った総合ランキングは実用的ではないのかな、と思ったりもして。実際、自分の数少ない国際線搭乗体験の中では、価格・移動時間・規模・乗り換えのしやすさ等の面から考えてフィンエアーが一番良かったなあと思っています。

特に、ヘルシンキ空港がサイコーでした!

ああ、懐かしいなあ。

もう一度ヘルシンキ空港へ行きたい!(あの時は乗り換え時間が驚異の45分とかだったので……!)

大阪ーロンドンを移動するなら、フィンエアー、オススメです!

庶民には気になる「ベストエコノミークラス トップ10」やいかに!?

でも、でもですよ!

乗り物大好きな私としては、他の航空会社を使っての空旅もやっぱり体験したくなっちゃうんですね。ということで、総合トップ20位ではなく、私にとっての本命ランキングである「ベストエコノミークラス トップ10」を見てみましょう!

【2017年ワールド・ベストエコノミークラス トップ10】
1位:タイ国際航空
2位:カタール航空
3位:アシアナ航空
4位:ガルーダ・インドネシア航空
5位:シンガポール航空
6位:日本航空(JAL)
7位:エミレーツ航空
8位:全日空(ANA)
9位:エバー航空
10位:ルフトハンザドイツ航空
出典:トラベルボイス

カタール強し!

そして総合11位だったタイ国際航空がなんと1位!

こちら、全くノーマークでした。乗ってみたい!タイ国際航空はロンドン直行便出てるのかな?と思ってSinに調べてもらったら「バンコク乗り換えで、21時間かかるでー!」と言われて、断念……。無理。もうね、長距離飛行は無理なの……。

Sin:KLMオランダ航空か、ルフトハンザやったら14時間で行けるで

ルフトハンザ!

フランクフルト空港!

ビール!

ソーセージ!

「大阪〜フランクフルトが12時間、乗り換え1時間30分、フランクフルト〜ヒースローが1時間30分」って、あれれ、なんだか良さそうです。次回はドイツ経由で渡英してみようかな?

以上、Mizでした。シーユー!

※この記事は音声ブログです。音声プレイヤーの再生ボタンをクリックしてお聴きいただくか、iTunesチャンネルからもお聴きいただけます。

Push7で更新情報を受け取る
By

人気記事ベスト10

Profile image
普段はジャパン演劇界の片隅で公演やイベントをプロデュースしたり、デザインしたり、パンを捏ねたり、色々手がける何でも屋さん。小さな頃から洋画が大好きで、ジャニーズアイドルには見向きもせずハリウッドスターを追いかける少女時代を送り、今に至る。『ロード・オブ・ザ・リング』が好き過ぎてNZを訪問したことをきっかけにロケ地巡りに目覚め、『SHERLOCK』のロケ地ロンドンを訪れて以来、英国の虜となる。今注目の俳優は、ヒュー・ジャックマン/ジェイク・ジレンホール/ジャック・ダヴェンポート/コリン・ファース/ベネディクト・カンバーバッチ/タロン・エジャトンなど。ただ今、ロンドンとの心理的距離を縮めるべく英会話を猛勉強中。
Profile image
「ハリウッド、なにそれおいしいの?」が合言葉で、ほんの数年前までは知ってる海外俳優はゲイリー・オールドマンとロバート・ダウニー・Jrだけと言ってもいいほど洋画に興味が無かったけれど、友人に誘われうっかり参加したNY旅行をきっかけに洋画沼にハマる。そうこうしているうちにロンドンの魅力に取り憑かれ、足掛け2年で近所のTSUTAYAの英映画ラインナップを制覇。今やAmazon.UKから次々と新作を輸入し楽しむ日々を送っている。今注目の俳優・監督は、ショーン・ハリス/エディ・マーサン/ロリー・キニア/ジュリアン・リンド=タット/トーマス・アルフレッドソン。ロンドン活動に勤しむ一方で、舞台女優の顔も持つ、マイペースで奔放な自由人。