妄想ロンドン会議

今すぐにでもロンドンに飛び立ちたいふたりが、現実には行けない今週のロンドン旅行プランを妄想するWEBサイトです。

第98回:ミュージカル『ビリー・エリオット』の気になる日本語歌詞ついに発表!/妄想ロンドン会議、夏の課外授業・ワークショップフェスティバル『DOORS』

5か月前の投稿
By
こちらは、今すぐにでもロンドンに飛び立ちたいMiz & SinによるPodcast「妄想ロンドン会議」です。ある時は激しく、ある時はゆるく語られる、さすらいの女子二人組による英国エンタメ&旅にまつわる本音トークを音声でお楽しみください。(音声プレーヤーの再生ボタンをクリックしてお聴きください)
第98回:ミュージカル『ビリー・エリオット』の気になる日本語歌詞ついに発表!/妄想ロンドン会議、夏の課外授業・ワークショップフェスティバル『DOORS』

※この記事は音声ブログです。音声プレイヤーの再生ボタンをクリックしてお聴きいただくか、iTunesチャンネルからもお聴きいただけます。

リモート執筆なう。

皆さんこんにちは、Mizです。突然ですけど、前回からこの「あとがきブログ」はSinと一緒に執筆しています。前回はそれこそパソコンを並べてファミレスの片隅で執筆しておりましたが、今日は、SinとLINEの音声通話を繋いで書いています。ポイントはここからなんですけど、今、二人共無言です(笑)。いえね、前回のファミレスの執筆だって、書いている間はほぼ会話はなかったですよ。でも、今はお互い自宅でパソコンを開いていて、そしてLINEを繋いで無言って…。

これ、やる意味あるの???

って書いてる今もまさに、イヤホンからはSinの執筆の音だけがカチャカチャカチャカチャ。聞こえるんです。聞こえてくるんです!まさかSinは私がこんなことを書いているなんて知らずに記事を書いているんだろうな〜、なんて思うと面白くなって笑えてきます。ぷぷぷ。ゴメンSin。真面目に書くね!

Solidarity=???

今回のPodcastのお題は、ミュージカル「ビリー・エリオット〜リトルダンサー」日本公演についてと、「ワークショップフェスティバルDOORS」についてでした。
皆さん、もう日本版ビリーの稽古風景は御覧になりました? かの名曲「Solidarity」の中の「solidarity solidarity solidarity forever♪」という一節が、一体どういう日本語歌詞と変化するのか、それがもう気になって気になって気になって…。

この動画にその答えが。もちろんネタバレを避けてらっしゃる方は決して動画を開かれませんよう。(Podcast内ではネタバレ宣言もせずにワーワー騒いでしまっておりました、すみません!)

曲が終わってからの吉田パパ。なんと、九州訛りでしたね!北部訛りのビリーの父さんと言えば、炭鉱夫。炭鉱と言えば九州。納得&感動のローカリゼーションでございました。ビリーもね、「父ちゃん!」て言うてるんですよ。他のシーンの期待も膨らみます。

ちなみに、本家「Solidarity」がこちら。↓↓↓

日本チームの舞台映像が楽しみですね!

Electricity=???

ビリーの名曲と言えば、忘れちゃいけない「Electricity」! 日本版の制作発表時に4人のビリーが披露してくれましたね。「Electricity」の日本語訳にはびっくり。そ、そうきましたか!!!

この時点ですでに完成しちゃってる未来和樹くんが気になり過ぎます。

こちら、ロンドン10周年記念公演よりエリオット・ハンナくん。↓↓↓

この際行っちゃっていいですか、初代ビリーの内の一人、リアム・ムーアくん! ↓↓↓

現在リアムはマシュー・ボーン率いるバレエカンパニー「New Adventures」でご活躍中です。

関連記事:【ネタバレ】バレエ『眠れる森の美女』レビュー! チュチュもトゥ・シューズも使わない、王子様も出てこない!? マシュー・ボーンならではのモダンな演出が冴え渡る、珠玉のゴシックロマンス

あと、ずーーーーっと気になってたんですけど。日本版ビリー。

制作発表時↓
C5KBilhUMAA5Kwa

最近↓
6bf3d1abe55b5844efaa21d47eeaf42f

一人増えてた!

どの子も頑張れ、未来のミュージカルスターたち!

ワークショップフェスティバル「DOORS」に講師として参加することになりました!

あと、夏のお知らせと言えば。

ドドン!

ワークショップフェスティバル「DOORS」に講師として参加させていただくことになりました! この夏は、妄想ロンドン会議のふたりと一緒に、旅の妄想してみませんか?
「初めてのロンドン〜地図とフセンで作る旅行プラン」7/30@大阪 by ワークショップフェスティバルDOORS
渡英予定のある方も無い方も大歓迎です!

定員20名(予定)ですが、現在すでに7名の方にご予約いただいております。ありがとうございます! お申し込みはDOORSサイトで承り中です。お気軽にお問い合わせください。

ワークショップフェスティバル・ドアーズ 11th「初めてのロンドン~地図とフセンで作る旅行プラン」概要ページ

以上、現在、週3でSinと会ってロンドン活動に勤しんでいるMizがお届けしました。
またお会いしましょう。
シーユー!

※この記事は音声ブログです。音声プレイヤーの再生ボタンをクリックしてお聴きいただくか、iTunesチャンネルからもお聴きいただけます。

Push7で更新情報を受け取る

人気記事ベスト10

Profile image
普段はジャパン演劇界の片隅で公演やイベントをプロデュースしたり、デザインしたり、パンを捏ねたり、色々手がける何でも屋さん。小さな頃から洋画が大好きで、ジャニーズアイドルには見向きもせずハリウッドスターを追いかける少女時代を送り、今に至る。『ロード・オブ・ザ・リング』が好き過ぎてNZを訪問したことをきっかけにロケ地巡りに目覚め、『SHERLOCK』のロケ地ロンドンを訪れて以来、英国の虜となる。今注目の俳優は、ヒュー・ジャックマン/ジェイク・ジレンホール/ジャック・ダヴェンポート/コリン・ファース/ベネディクト・カンバーバッチ/タロン・エジャトンなど。ただ今、ロンドンとの心理的距離を縮めるべく英会話を猛勉強中。
Profile image
「ハリウッド、なにそれおいしいの?」が合言葉で、ほんの数年前までは知ってる海外俳優はゲイリー・オールドマンとロバート・ダウニー・Jrだけと言ってもいいほど洋画に興味が無かったけれど、友人に誘われうっかり参加したNY旅行をきっかけに洋画沼にハマる。そうこうしているうちにロンドンの魅力に取り憑かれ、足掛け2年で近所のTSUTAYAの英映画ラインナップを制覇。今やAmazon.UKから次々と新作を輸入し楽しむ日々を送っている。今注目の俳優・監督は、ショーン・ハリス/エディ・マーサン/ロリー・キニア/ジュリアン・リンド=タット/トーマス・アルフレッドソン。ロンドン活動に勤しむ一方で、舞台女優の顔も持つ、マイペースで奔放な自由人。