妄想ロンドン会議

今すぐにでもロンドンに飛び立ちたいふたりが、現実には行けない今週のロンドン旅行プランを妄想するWEBサイトです。

第84回:【大ネタバレ注意】日本公開までガマンできなくてリアルタイム視聴してみたけれど、英語の壁に阻まれて内容がおぼろげにしか理解できなかった人のためのSHERLOCK講座【S4E1】

10か月前の投稿
By
こちらは、今すぐにでもロンドンに飛び立ちたいMiz & SinによるPodcast「妄想ロンドン会議」です。ある時は激しく、ある時はゆるく語られる、さすらいの女子二人組による英国エンタメ&旅にまつわる本音トークを音声でお楽しみください。(音声プレーヤーの再生ボタンをクリックしてお聴きください)
第84回:【大ネタバレ注意】日本公開までガマンできなくてリアルタイム視聴してみたけれど、英語の壁に阻まれて内容がおぼろげにしか理解できなかった人のためのSHERLOCK講座【S4E1】

Photo:BBC1 SHERLOCK official site

みなさま、2017年のお正月は何をして過ごしてらっしゃいましたか? 私たちはもちろん、英国で放送が始まったSHERLOCKの新シリーズ(S4)を見ていました。と、いうことで、本日はSHERLOCK S4E1の大ネタバレレビュー会! リアルタイムで視聴された日本のファンの多くの方がネタバレをしないようにと気をつけている風潮の中、大胆にも恐れ多くもネタバレ有りでこのエピソードのレビューを語ってみようという所存です。

いきなりネタバレではありませんのでご安心ください。まずは、ネタバレ無しの感想から(これが難しい!)。ネタバレ有り感想は、「ここからネタバレだよ」っていうスイッチオフ宣言と共に約30分後から始まります。

字幕を見ながら辞書を引き引き視聴したMiz & Sinの今回の感想やいかに?

それでは、妄想ロンドン会議スタート!

(2017年1月8日収録 78分)

※この記事は音声ブログです。音声プレイヤーの再生ボタンをクリックしてお聴きいただくか、iTunesチャンネルからもお聴きいただけます。

本日のトピックス

Sinファミリー、とうとう雑煮制度を撤廃【00:00:53】

伝説のお便りのコーナー【00:06:11】

人気ドラマ『SHERLOCK』とは?【00:15:35】

ネタバレ無し感想 〜Miz編〜【00:19:00】

ネタバレ無し感想 〜Sin編〜【00:25:00】

ここからネタバレ感想!【00:30:00】

あとがき

待ちに待ったS4の放送に、大変興奮しながらのレビューとなってしまいましたがいかがだったでしょうか。

英語字幕のものを見ての感想ですので、恐らく間違いや勘違いが沢山含まれているかと思います。何卒ご容赦くださいませ……!

それにしても。ベネディクト・カンバーバッチさんに、マーティン・フリーマンさん、すっかり人気者になってしまったのでロンドンの街中でのロケが減ってしまって悲しいなあ…などと思う暇もない、相変わらずの息もつかせぬ90分でしたね。(実際、とても寂しい私たちです)

以下は、2014年のS3後にロケ地を訪れた際のツイート。

S3E3のメアリの写真が壁いっぱいに映されていた、あの建物です。

間もなく渡英予定ですので、E4のロケ地も訪れてみたいと思います。

(※SHERLOCK S4を確実にいち早く見るには、USやUKのiTunes・Amazonビデオなどで購入いただくのが良いかと思います。他、お住いの国や地域によって様々な方法がありますので、ご自分に合った方法を試してみてくださいね。)

以上、Miz & Sinでした。シーユー!

※この記事は音声ブログです。音声プレイヤーの再生ボタンをクリックしてお聴きいただくか、iTunesチャンネルからもお聴きいただけます。

合わせて聴きたい!これまでのPodcast紹介

▽文字起こし版もあります!

Push7で更新情報を受け取る

人気記事ベスト10

Profile image
普段はジャパン演劇界の片隅で公演やイベントをプロデュースしたり、デザインしたり、パンを捏ねたり、色々手がける何でも屋さん。小さな頃から洋画が大好きで、ジャニーズアイドルには見向きもせずハリウッドスターを追いかける少女時代を送り、今に至る。『ロード・オブ・ザ・リング』が好き過ぎてNZを訪問したことをきっかけにロケ地巡りに目覚め、『SHERLOCK』のロケ地ロンドンを訪れて以来、英国の虜となる。今注目の俳優は、ヒュー・ジャックマン/ジェイク・ジレンホール/ジャック・ダヴェンポート/コリン・ファース/ベネディクト・カンバーバッチ/タロン・エジャトンなど。ただ今、ロンドンとの心理的距離を縮めるべく英会話を猛勉強中。
Profile image
「ハリウッド、なにそれおいしいの?」が合言葉で、ほんの数年前までは知ってる海外俳優はゲイリー・オールドマンとロバート・ダウニー・Jrだけと言ってもいいほど洋画に興味が無かったけれど、友人に誘われうっかり参加したNY旅行をきっかけに洋画沼にハマる。そうこうしているうちにロンドンの魅力に取り憑かれ、足掛け2年で近所のTSUTAYAの英映画ラインナップを制覇。今やAmazon.UKから次々と新作を輸入し楽しむ日々を送っている。今注目の俳優・監督は、ショーン・ハリス/エディ・マーサン/ロリー・キニア/ジュリアン・リンド=タット/トーマス・アルフレッドソン。ロンドン活動に勤しむ一方で、舞台女優の顔も持つ、マイペースで奔放な自由人。